中高一貫校の良さとは

中高一貫校はなぜ良いのか?

中高一貫校とは

中高一貫校に通おうと決め、小学生のうちに受験を意識し、勉強しなくてはいけないのは大変です。
ただ早めに将来のことを考え、大学のことを調べたり出来るのはとても良いことです。
小学生から中学生になり、やりたいことがはっきりしている子もいるとは思いますが大体は、なんとなく小さい頃の憧れのままだったり、現実的なことは考えずに夢だけを追う、という子も少なくありません。
中学生になって部活が始まったり、定期的な試験があったり、順位が分かったり、少し今までとは違う生活になり、高校受験を意識するようになり、家からの距離やレベルなどを考えます。見学に行ったりして、なんとなく雰囲気をつかんだり…というのが一般的に受験をせずに中学に行き、高校受験を考えるという流れだとして、もしかしたら高校を選ぶ時点で何か工業高校だったり、何かに特化した高校に生きたい!ということになる可能性もあります。
もしこれが中高一貫校ですと高校まで決まっています。やはりどこか違うところへ行きたいとなった場合、もちろん自分自身でしっかり考えて、決断しなければなりませんが、親自身が納得できるか、というところもポイントになります。
中高一貫校を選択肢に入れるのは親が多いようです。私立の中学受験なども同じだとは思いますが、子ども自身でそこに行きたい、というのはあまりないように思います。親としてはその子の将来を考えそこに入れば、大学まではスムーズだろう、という考えがあったかもしれません。しかし、今の時代、そしてこれからの時代どこの学校に行っていたからといって、その子のそれからの人生が安泰な道を歩むとも限りません。それよりも自分で決めた、という経験がこれからの人生に大きな影響を及ぼす可能性の方が高いように思います。
どこに行こうとも応援している存在でありたいですね。

親として何を大事にできるか

中高一貫校とはその名のとおり、中学校と高校を通して6年間一貫の教育が行われるという学校です。 その中には私立も公立もあり、学校の形としても同じ学校で6年もあり、中学校と高校が併設されているところもあり、高校には外部から試験で入れるところや中学校にいた生徒しか受け入れないという学校と様々あるようです。

中高一貫校の私立と公立

中高一貫校は元々私立が多かったようですが、教育法の改正などで公立の学校も増えてきているようです。 同じ中高一貫校でも私立と公立では試験方法やもちろんかかるお金、設備、指導方法なども変わってくるようです。 イメージでは、私立は高校が終わった後の大学進学時も連携していたりすると有利な気がします。

中高一貫校の良さとは

メリット・デメリットと色々ありますが、中高一貫校は親心で選ばれる部分が多いのではないでしょうか。 高校受験でバタバタしてほしくない、というのもあるとは思いますが、大きいのは小学生の段階から準備できるという部分ではないでしょうか。 勉強することを早めに身につけてほしいと思っているのではないでしょうか。