中高一貫校はなぜ良いのか?

>

親として何を大事にできるか

なぜ中高一貫校を選ぶのか

私自身が中学生だった頃、田舎なので同じ小学校の子たちはみんなそこに行くという普通の中学校に通いました。
高校のことはもちろん、将来のことは何も考えていませんでした。
ただ今を生きている、楽しければというか、何事もなく過ごしていければ、と思っていました。
高校受験になって仲良しの子がレベルの高い学校を狙っていること、更に将来は医者になりたいと思っていることを知り、衝撃を受けました。ちゃんと考えていたんだなと、私はというと、自分にとってはレベルの高めな高校を狙い、その友達と担任に放課後勉強を教えていただくという日々があり、何とか合格できましたが、通い始めて勉強についていけなったり、やりたいことがころころ変わりました。
今も自分について考えることは多いですが、中高一貫校や中学受験をする人たちは、もっと早くから自分と向き合う時間が与えられるのかなと思うとそれもいいな、と思います。

メリットとデメリット

メリット・デメリットというのは大体は背中合わせで同じことをポジティブにとるかネガティブにとるかで変わってきます。
中高一貫校の場合、まず6年間同じ環境だということ、小学校の6年間とはまた違います。その環境が合っていればいいですが、合っていなかった場合、せっかく受験して入ったのにというところと、あと何年我慢するか、というのも変わってきます。
ただ打ち込んでいるスポーツや部活を高校受験に邪魔されずに続けることができるのは強みです。
高校受験がないということは中だるみしてしまうのでは、というものもありますが、結局受験用の勉強なので日頃からの勉強が身についていれば問題はないように思います。親子でしっかりと学校を調べてその子自身で通いたいと思えるような学校を見つけたいですね。


SHARE!