中高一貫校はなぜ良いのか?

>

中高一貫校の私立と公立

かかるお金

6年間分色々なお金がかかってくるのですが、私立と公立でも全然違います。
まず中学は義務教育なので公立はお金がかかりません。なので一番変わるのは授業料、修学旅行や学校に納めるお金などです。
私立は特に設備や備品なども最新のものを取り入れているので、お金はかかってしまいます。

学校内部以外でも塾代などもかかってきます。受験するとなると、どこの学校かを決め、大体の人は塾に通うことになります。基本的な教科もやりつつ、適性検査というテスト対策もしなければなりません。
どこの学校に通うのかで行く塾も変わるかもしれません。そこでのカリキュラムで自分の今の力も知り、強化するところにも力を入れなければなりません。
私立なら特にお金もかかり、中高一貫校へ行けば、もちろん大学も視野に入れなければなりません。
想定でも大学までいくらかかるのかの計算をしておくことが大事になりそうです。

指導方法

指導方法も6年間一貫した教育方針をとれるのも中高一貫校の魅力となっておりますが、ここでも私立と公立には違いがあります。
私立は経営者が一族であったり、同じ教育理念の下にというものがはっきりしていたり、分かりやすいです。その分、この考えではない人はご遠慮ください、というところもあるかもしれません。
その点、公立は広い受け入れ体制があるとも言えます。

中学生の勉強が終わっても効率よく高校の勉強に入れるので、高校受験などで受験用の勉強に時間を無駄にすることもありません。
私立と公立で比べると、私立の方が比較的担任や担当の先生が変わることが少ないそうなので長い時間をかけてコミュニケーションをとることができますが、中学から高校の思春期や将来のことを考える時期に同じ学校にいれるということは先生たちにとっても情報を共有しやすいということもあるかもしれません。


SHARE!