中高一貫校はなぜ良いのか?

>

中高一貫校の良さとは

試験対策

中高一貫校に入学するということは、小学生で受験するということになります。
私立と公立では試験内容が変わってくるようです。
私立では小学生で勉強することを超えて幅広い知識をつけなければなりません。学力検査が行われますが、公立の場合は内容は小学生で勉強する範囲で、文章力が問われるものや論理的な説明ができる力を試されるようです。
どこを受験するのかというところで勉強内容や身につける力も変わってくるのですね。塾にいく必要も出てくるかもしれません。
周りの子たちが進路のことをどう考えているのか、ということも気にしておきたいです。子どものモチベーションを左右することにもなるので勉強以外のことでもやる気が出るように対策して、小学生のうちからその習慣が身につくことが将来に良い影響を及ぼしそうです。

いつから勉強するのか

子どもが小学生に上がる前、それまでにも遊びながら学べるような勉強や塾に通わせる親は増えています。
子どもは一日中机に座りながら先生の話を聞いたり、新しい友達を作ったりと色々環境になじむために神経をすり減らしています。
やはり小学校受験や中学校受験を意識している親たちは小学1年生のうちからすでにかけ算まではやらせていたり、3年生までの漢字を書かせていたりと先へ先へと学習させています。
しかし、中には小学1、2年は特に気にせずに過ごし、学校生活にも慣れてきて、子ども自身の意思がはっきりしたり、勉強にも得意、不得意が出てきて、分かるようになってきた時、今後の学校選びを意識してくるのではないでしょうか。
子ども自身ももっと早くから勉強していれば良かったと思わないようにどのような進路に行くにせよ、早い学習を進めておきたいです。


SHARE!